XUMMウォレットの作成方法と使い方

暗号資産を管理するのにウォレットは重要な役割を果たします。

特に、長期保有する場合にはウォレットは必要不可欠と言えるでしょう。

もちろん、100%安全という訳ではありませんが、厳重な鍵で管理されているので国内や海外取引所よりも良いかもしれません。

今回の記事では、「XUMMウォレットの作成方法と使い方」について紹介します。

XUMMウォレットの作成方法

XUMM(XRP Wallet)は、iPhoneやAndroidのスマートフォンで簡単にダウンロードができます。

そもそもアプリのウォレットとは、何かと言いますと簡単に説明すると銀行口座です。xummウォレットを利用することで簡単に暗号資産の送金や受取、預金ができます。

ダウンロード方法は、App StoreやGoogle Playで検索すると見つかると思います。

下記の公式サイトからもインストールができます。

xumm.app

インストールが完了しましたら早速xummアプリのウォレットを作成してみましょう。

アプリを起動させると最初に6桁の「パスコード設定してください」と表示されるのでご自身で選択します。2回同じパスの入力を要求されます。

次にFace IDまたは指紋認証を使用するかを選択します。

ログインする際に使用できるので便利です。(あとででも設定できます。)

次にプッシュ通知の設定です。こちらもあとででも設定変更が可能です。

私は、はいを選択しました。

許可を押します。

スマホの通知設定で、サウンドやアイコンバッジの変更ができます。

お好みの設定にできます。必要がなければオフにしておきましょう。

次は、少し長いのですが、画面の下の「了承しました。」を何度もタップする作業です。

説明や規約が書かれていますので、目を通しておきましょう。

7番まで進んだら最後にもう一度「了承しました。」をタップしてください。

次に、アカウントを追加をします。

今回は、新しいアカウントを作成するので、そちらのボタンを選択してください。

秘密の番号(秘密鍵)の説明が表示されます。

「了解しました。次へ。」を押します。

秘密の番号の管理方法

秘密の番号の管理方法を説明します。こちらは、正しく保管されていなければ、ハッキングなどが行われれば資産を失ってしまう可能性もございます。

私が、オフライン上で安全に秘密の数字を保管する方法として以下の方法を利用しています。

【仮想通貨】秘密鍵やリカバリーフレーズの適切な保管方法

よろしければ参考にしてみてください。

秘密の数字が表示されるので、A行からH行までをメモなどに書き留めておいてください。

1つも間違えないようにメモしましょう。

こちらは、絶対に無くさないでくださいね。

私は、ノート3冊に同じことを書いて保管していますよ!

注意: 秘密の数字は、必ず誰にも見られない安全な場所に保管してください。無くしてしまうと暗号資産を取り戻すことができなくなります。また、オンラインやネット上に保存してしまうと資産が危険に晒されてしまう可能性があります。絶対に誰にも教えないようにしてください。

H行までの保存をしたら完了を押します。

先ほど保管した、数字を一つずつ全て入力していきます。

ちょっと大変な作業ですが、作成完了までもう少しです。

全て入力し終えるとこのように緑に表示されます。

そして「次へ」を押してください。

これで、新しいアカウントのパブリックアドレスを手に入れることができました。

パブリックアドレスで資金を受け取ることができます。

XUMMウォレットをアクティブ化するには、20XRPが必要となります。

この20XRPは、アカウントの有効化のために支払う必要があります。口座開設の手数料となりますので資金を送金しましょう。

「次へ。」を押します。

追加セキュリティの選択

追加のセキュリティには、2種類あるのでどちらかを選択します。

標準、もしくは高度なセキュリティです。

標準: 頻繁に取引がある方はこちらが楽だと言えます。

高度なセキュリティ: 資産の長期保管に適しています。

長期で資産を保管するには、「高度なセキュリティ」が適しています。皆様の大切な資産ですので、面倒でも設定しておきましょう。

今回は、高度なセキュリティでのやり方で説明します。

次に、英数字、記号を合わせたパスワードを入力します。

こちらも忘れないでください。

長くて複雑なほどセキュリティ面で良いです。ご自身のお金を守るためには重要です。

パスワードが入力できましたら、XUMMウォレットのアカウント名を決めます。

これは、基本的にはどんな名前でも問題ございません。

スポンサーリンク

複数のアカウントを管理している場合には、「メイン口座」「エアドロップ専用」「バイナンス(Binance)」「国内取引所」などというように名前を変えておくと良いかもしれません。

お疲れ様でした。

これでxummウォレットの作成は終了です。

XUMMアカウントの有効化と使い方

先程の手順でアカウントの有効化が必要だというお話をしたと思います。

有効化には、手数料を含めて21XRP以上が必要となります。

暗号資産の取引所からXUMMウォレットへ送金しましょう。

手数料が引かれてしまうので、念のため30XRPほど入れておくと良いでしょう。

初めての送金になると思うので、一気に100XRPというような高額なコインを送金することはやめてください。

試しですので、必ず30XRPなど少額で送金してみましょう。

今回は、バイナンス(Binance)で説明していきます。もちろん、国内の取引所からも簡単に送金できますよ。

もしバイナンス(Binance)のアカウント作成を考えている方は、以下の記事に口座開設方法と入金方法など画像付きで解説しております。

バイナンスの口座開設方法、本人確認と入金方法を紹介

興味がある方は、ぜひご覧ください。

それでは、バイナンスのアカウントにログインします。

一番上部にある人のマークにカーソルを合わせてダッシュボードをクリックします。

画面中央あたりになる出金をクリック。

ホワイトリストアドレスを追加しておきましょう。

これは、送金する際に間違いなく安全な入金先ということです。登録しておくと次回の入金がスムーズです。

次の画面に進んだら右側のアドレスを追加をクリック。

ここまで来たら、XUMMウォレットに戻ります。

右上のチェーンのようなマークをタップします。

アドレスをコピー

そして、バイナンスに戻ります。

送金する前にアドレスをチェック

アドレスラベルは、何でもOKです。「XUMMウォレット」など分かりやすいように付けましょう。

通貨は、「XRP」を選択。

そして先程コピーした、XUMMアドレスを貼り付けます。(ネットワークは、自動的に選択されます。)

貼り付けしたアドレスが正しいか、念の為XUMMウォレットアプリのアドレスと照らし合わせてください。

最後に、ホワイトリストにチェックを入れて保存します。

保存ボタンが押せない場合には、下にスクロールします。

アドレスオリジナルをクリックしてください。

以下のように設定してください。

OKをクリック。

MEMOがありますが、バイナンスからXUMMウォレットへ出金する場合には、空欄で大丈夫です。

保存をクリック。

出金アドレスをホワイトリストに追加できたら、再度出金画面に戻ります。

出金画面の仮想通貨を選択から「XRP(Ripple)」を選択。

出金先をクリックして、先程追加したアドレスを選択してください。

ネットワークがXRPであることを確認します。

メモは、バイナンスやGMOコインなどからXUMMウォレットへ送金する場合には、必要ありません。

取引所によっては必要な場合がありますので、必ず確認してください。メモが無いと資金を取り戻せなくなる場合があります。

少額から送金を!

最初にも説明しましたが、初めての送金となります。

「必ず少額で!!!」送金してください。

アクティベートに必要なのは、21XRP以上です。ですので、余裕を持って25〜30XRPほど送金することをおすすめします。

最初は、不安ですので、一気に大金を送金するのは危険です。

私は、30XRPを出金します。

確認ができたら出金ボタンを押します。

出金ボタンを押すと「選択したネットワークはメモ入力をサポートしています。受信アドレスにメモが必要か確認してください。」というアラートが表示されます。

先程説明したように、バイナンスからXUMMウォレットへの出金はメモがなくて大丈夫です。

そのまま承認ボタンを押します。

出金内容を確認して次へ。

メール認証コードやGoogle認証コードを設定している方は、入力して最後に提出をしてください。

お疲れ様でした。

これで、XUMMウォレットへの出金が完了しました。

着金が完了したと同時にアクティベートが完了します。

XUMMウォレットへ着金されるには、混み具合などで少し時間がかかるかもしれません。

通常、5分以内には、預金されていることが確認できていますが、もう少しかかる場合もあります。

20XRPは手数料として引かれるので、さらに資金を追加したい場合は、同様の手順で出金してくださいね。

言語を日本語に変更する方法

もし、xummウォレットをダンロードした時に、英語表記になっているなら言語設定から日本語へと変更しておきましょう。

xummウォレットを開いて右下の設定をタップ。

設定の中の「General」をタップ。

「Language」をタップします。

最後に日本語を選択して終了です。

下の方にスクロールすると見つかりますよ。

英語表記でも問題ない方はそのままで結構ですよ!

おまけ

XUMMウォレットを持っておくとお得なことがあるかも?

これは、どういう意味かということを説明しますね。

以前、オプトインというものがあり、XUMMウォレットでXRP保有者に対して、Spark Token(スパークトークン)が配布される予定となっています。さらにウォレットの保有者に対して大量の種類のXRPL Token(XRPLトークン)エアドロップが行われたことがありました。

現在は、終了しているかもしれません。

興味がある方は、以下の記事に記載していますので読んでみてくださいね。

XUMMで大規模エアドロップ!XRPLトークン受け取り設定

エアドロップは、無料で仮想通貨を配布するということです。

種類は、10種類以上でした。

無料配布されたコインの合計だけで50万円以上の価値のあるもの受け取った方も多いです。

今後もこのような企画があるとは言えませんが、少額のXRPを利用することでXUMMウォレットを作成することができます。

もしかすると将来的にも同様にエアドロップがもらえるイベントもあるかもしれませんね。

アクティベートしておいて損はないと思いますよ。

最後に

今回の記事では、「XUMMウォレットの作成方法と使い方」について紹介しました。

作業が多いですが作成自体は、そこまで難しくないですね。

ですが、XUMMウォレットは、暗号資産の管理ができるのでとても便利です。

自分の資産をすぐに確認したり、仮想通貨の送金、受信が簡単に行えます。

XRPを保有している方には、必須のお財布アプリと言えるでしょう。

ぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク

コメントする